体質改善 不妊

不妊と体質改善の関係性とは

子どもを設けるための諸器官にトラブルが見られないものの、たくさんの女性が不妊に苦しめられています。
しかし、生命の神秘と称されるように、不妊治療に関して西欧式の科学に従った医学や理詰めのやり方のみでは、挫折してしまうケースもあります。
このため、不妊治療でも、体質改善が重要であるという認識が持たれています。

子どもができるための体質改善は、血行の改善、体力のアップ、体重の増量を重点的に実施されています。
これらのうち、体重の増量に取り組むのはどうしてか、気になる人はけっこういるでしょう。

当然、肥満といわれるくらいの体重の増量は、妊娠の条件的には相応しくありません。
しかし、日本においては美容目的のダイエットが必要以上に浸透したことから、妊娠適齢期に当てはまる女性の体重が少なすぎると指摘されています。

それから、低すぎる体重は、ホルモンの分泌や排卵にも関与していると捉えられています。
現に痩せ型の女性がチョットふっくらした体つきになると、排卵周期が良くなるという医学統計も出ています。

妊娠を希望するなら、自身のBMI(体格指数=体重÷身長÷身長)をチェックして、理想体重(22.0)〜過体重(24.1)の範囲におさまるようにコントロールしましょう。
体脂肪率に関しても一緒で、20〜39歳の女性の基準になっている[標準−]の21〜27%より、[標準+]の28〜34%の範囲におさまるようにしましょう。

それから、体重の増量は、血行の改善や体力のアップにも好ましい作用をもたらし、体質改善が順調にいきます。
ちなみに、脂肪分に関しては動物性脂肪より植物性脂肪を摂取するのが好ましいでしょう。

体質改善関連情報

不妊を解消するために、体質改善は重要であるという認識が持たれています。
子どもができるための体質改善についてご紹介していますので、参考にご覧ください。