体質改善 関節痛

体質改善で緩和することができる関節痛

関節痛は、関節の疼痛や腫脹を薬を用いた治療で抑制すると共に、体質改善によって悪化を抑える治療方法をとります。
それから、体質改善がスムーズにいくと、鎮痛剤やステロイド剤をあまり使わなくても良くなるので、好ましい治療方法であると捉えられています。
現状で取り組まれている体質改善の要点は、抵抗力を高めることと免疫機能を高めること、あとは冷えをなくすることとなります。

なお、関節痛を軽減したり治したりするのを目指す体質改善においては、漢方薬も積極的に取り入れられています。
ここでは代表的な漢方薬について取り上げていきますので、参考としてお役立て下さい。

・越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)、合防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)…関節の発赤・腫脹・疼痛・熱感を軽減しつつ手足の冷えをなくします。

・大防風湯(だいぼうふうとう)…関節と周りの筋肉の緊張を和らげながら、体の抵抗力と免疫力を強化していきます。

・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)…関節と周りの筋肉を温かくすると共に、体力を高めることをサポートします。

・疎経活血湯(そけいかっけつとう)…血行を良くし、冷えが原因の痛みを軽減、関節の機能障害が悪くなるのを阻止します。

・八味地黄丸(はちみじおうがん)…関節痛や下肢の脱力感を軽くしつつ、冷えを和らげます。

・十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)…食欲不振をなくし、体の抵抗力と免疫力を高めます。

漢方薬は、個々の状態に従い生薬の配合や服用期間が決まるため、関節痛とは別のトラブルがあるなら相談するといいでしょう。
ちなみに、健康茶の形で売られているものにも、組み合わせ次第でかなりの影響が及んだりするため、気を付けなくてはいけません。

体質改善関連情報

関節痛を体質改善で和らげるために役立つ漢方薬をご紹介しています。
抵抗力を高め、免疫機能を高めることで、体質改善を促す漢方薬をいくつか取り上げていますので、お役立てください。