体質改善 にきびケア

にきびケアするなら、体質改善をはじめましょう!

多感な時期に発生するにきびの代表的な原因は、男性ホルモンが過剰に分泌されることです。
女性であっても、男性ホルモンと女性ホルモンの均衡が破れると、毛穴の深くの皮脂腺より分泌される皮脂が多くなります。
こうしたどんどん分泌された要らない皮脂とアクネ菌という細菌が結合して、炎症を生じた状態がにきびとなります。

しかし、思春期においても成人してからでも、にきびが発生しにくい体質の人も見受けられます。
これは、皮脂の新陳代謝のサイクルであるターンオーバーとの結び付きが考えられます。
適切なターンオーバーの皮膚は、一定サイクルで古い角質がはがれ落ち、新たな皮膚が生み出されます。

しかし、ホルモンバランスが悪い、疲れている、ストレスが溜まっていることなどでターンオーバーが崩れると、毛穴の出口のあたりに古い角質がはがれないまま残ります。
出口を失った毛穴には皮脂が蓄積され、アクネ菌を多くさせてしまいます。

こうしたトラブルを阻止するには、ホルモンバランスを正常化することの他、発汗作用を促進することに比重を傾けた体質改善に取り組む必要があります。
汗はにきびに良くないというイメージを持たれがちですが、それはベタつきのある悪質な汗のことです。

発汗作用を向上して質の良いサラッとした汗をかくようになると、汗がシャワーに似た仕事をして、汗と共に皮脂を取り除くことが可能となります。
発汗作用を向上させる体質改善には、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動が適しています。

ハードな運動を行わなくても、水分を必要量確保しつつ、毎日徐々に運動量を多くしていくといいでしょう。
ちなみに発汗作用は、体質改善のうち比較的短期間で向上させることができるといわれています。

体質改善関連情報

体質改善によって、にきびケアをする方法をご紹介しています。
ホルモンバランスが悪かったり、疲れやストレスがたまることで出来てしまう大人ニキビを解消する体質改善とは。